くろみつ劇場

※ じてんしゃぬまのなかにいる ※

Fizikのアリアンテでお尻が痛くなるのなら、それは鍛錬不足だと思ってあきらめる。

Fizikのアリアンテでお尻が痛くなるのなら、それは鍛錬不足だと思ってあきらめる。ンッン~。名言だな、これは

どなたの言ですの?

それが、元ネタは『じこまん』だと思ったのだが見つけられぬ。どなたか教えて下され

…年ハ…トッテモ…トラレルナ…(謎)

f:id:kuromitsukuromitsu:20190808060345j:plain

 

『ロングライドなら1回は試してみたい定番サドル Fizik ALIANTE フィジークアリアンテガンマ』

 

f:id:kuromitsukuromitsu:20190811070707j:plain

アリアンテはズッ友だよ!

 

はじめてのサドル選び。下から乗るか横から乗るか。

 

2012年にロードバイクに乗りはじめた私は、多くの初心者の方もそうだと思いますがお尻の痛みに悩まされました。

 

「体幹ができると痛くなくなる」と先輩方は言いますし、古事記にも書かれてはいますが
「お金の力でこの痛みから解放されたい!手っ取り早く!」
と思うのもこの時期の初心者あるあるですね。

 

ロードバイク購入の翌年、2013年。パーツレビューサイトをひらいてざっとサドルのページをながめてみます。

 

気づいたのはAの人が絶賛しているのと同じサドルでも、Bの人はいまいちな評価だったり、同じ『アリアンテ』という銘柄でも仕様によって性格がまったく違っていたりと、一筋縄ではいかなさそうな雰囲気でした。

 

…コレガサドル沼カ…ドウスル?

予算にも限りがあるであります!

んー、よくわからないけど、とりあえず評価が高そうなのを買っていればいいんじゃない?

ま、そうじゃな

 

あの日見た染めQの輝きをぼくたちは知らない

 

それでもサドルにはお尻との相性があるらしいので、お試しとしてネットオークションでやや使用感のあるものを落札します。ついでに残念な使用感を隠すために『染めQ』(なんでも染め上げる耐久性のあるスプレー塗料)も購入します。

f:id:kuromitsukuromitsu:20190811070723j:plain

もうはげてきた緑サドル

乗り心地ですか?たしかにデフォルトのサドルよりはいい感じ。あんまりお尻が痛くなくなりました。

 

しかし、このサドルのおかげなのか、ロードバイクに慣れてきて体幹ができてきたおかげなのかは不明。

 

2年くらい乗って、さすがに染めQもはげてきたので新品のサドルを購入することに。
別のサドルも考えたのですが、お尻と合わないと金銭的ダメージが大きいため、やはりフィジークアリアンテガンマを購入。

 

緑のサドルは子供の幼児用自転車で余生をおくります。

f:id:kuromitsukuromitsu:20190811070730j:plain

サドルがアリアンテな幼児自転車

 

君の本気は見た目100%

 

新しく購入したニクいあいつはFizikとデカデカと書いてあってカッコイイです。見た目が気に入ったので、サドル沼にハマらなくてひと安心。

f:id:kuromitsukuromitsu:20190811070714j:plain

主張がはげしいFizikさん

そして今年は2019年。かれこれ初代二代目とアリアンテを7年間またがってきて、ひとつの考えが浮かんできました。

 

「お尻痛い時は理想のサドルを探すより、痩せたほうが手っ取り早いんじゃね?」ということです。

 

ちなみに私のスペックは身長180㎝体重75㎏前後。体のかたさは牛さんです。
(Fizikではサドル選びの指針としてスパインコンセプトというのを提唱しています。体のやわらかい蛇さんはアリオネ、中くらいのカメレオンさんはアンタレス、体のかたい牛さんはアリアンテを使いましょうとのこと)

 

窓を開けましょう、呼んでみましょうランドヌール

 

軍服に体を合わせるが如く、フレームに身長を合わせるが如く、サドルにお尻を合わせるのがロングライドの秘策であると思った私は、通りすがりのランドヌール7~8人に意見を聞いてみたのでした。
(お付き合いいただいたフォロワーのみなさま、ありがとうございました)

 

うーん、指圧の心は母心。押せば知識の泉湧く。
でてくるでてくる様々な知見が。

 

お尻が痛くならないコツは?ランドヌール曰く
やせる
痛くてもそんなものだと思う
ペダルに体重をのせる
段差ではこまめにお尻を浮かす
サドルに座りっぱなしにしないで、浮かしたり角度を変えたり…
ファブリックもいいしSelleSMPもいいし革もいいよ
痛みの種類と部位によって対応もそれぞれ分かれるのでTwitterの280文字制限では語りつくせぬものがあるから今度一晩語り合おうぞ…

 

 

なるほどなるほど600㎞も1200㎞も走りきるランドヌールたちは経験が生きていますね。流石だね流石だね流石だね!(ながれいしだねりゅうせきだねさすがだね!)

 

でもやっぱりお尻の痛みは、サドル自身の原因よりも体幹、スキル、体重由来の要因のほうがけっこう大きいのかなと思いました。サドルにお尻を合わせるというのもまあ間違いではないかと。

 

ちなみにこの間1000㎞ブルベに挑戦する機会があったのですが、500㎞くらいまではあまりお尻の痛みが気にならなかったです。

 

しかしそのあたりから膝の痛みが出始めて、サドルにドカッと座る割合が増えたためか、グングンと尻痛ゲージが溜まっていき、最後の方は自転車を押し歩きするときに幸せを感じるほどでした。

…ツマリ…ドウイウコト…ダッテバヨ…

ある程度気に入ったサドルが見つかったら、あとはフィジカルとスキル。鍛錬と経験というわけじゃな。最初の予想に経験豊富な方々から裏打ちしてもらって確信にかわったぞ

ちなみに私が使っているのはこれ!SELLE ITALIA DIVA GEL FLOW!

1000㎞超えてもさっぱり痛くならない剛の者もうじゃうじゃいそうであります!

わしらはお尻のカサブタがようやくはがれた頃じゃがな。とりあえず膝が痛くならないように、ポジションの見直しとペダリングの見直しと筋肉の強化からじゃな

…オタッシャ重点デー…

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村